臨死体験と、悪霊の芝居 日本 フランス アメリカ



《はじめに》
 人間が死ぬ時、その人が真のクリスチャンである場合と、それ以外の人の場合とで、そのようすも行き先も全く異なります。
 神の真の子どもであるクリスチャンが死ぬ時、その人の霊は体から離れ、神の御使い(天使)たちに護衛されて天国へ行きます。 天国に行った人々・地獄に行った人々
 他方、罪人が悔い改めないままで死ぬ場合は、彼らに悪霊どもが現れ、地獄へと彼らのたましいを引きずり下ろして行きます。 (詳細は→天国に行った人々・地獄に行った人々参照)

 ところが、臨死体験で、「花畑」や「亡くなった家族や親戚」などを見たという事例があります。
 そういう臨死体験をした結果、「自分は天国の『花畑』を見た」、「自分は死後に天国に行けるとわかった」、「死は怖くないとわかった」、「死の恐怖がなくなった…」などの感想を述べる体験者たちもいます。
 けれども、それらは誤解錯覚です。本当は、非常に恐ろしい世界を体験しています。 悪魔による偽造物
 臨死体験の真実と悪魔の偽造行為についての詳細は、悪魔による偽造物を参照ください。


《目次》
1 地獄行きの「暗いトンネル
2 トンネル内に潜む悪霊・恐怖の世界
3 偽造された「故人・家族
4 偽造された「自分とそっくりの人間
5 本当の天国と偽物の「天国」(花畑
6 臨死体験で演じられている「芝居」
7 本物の地獄の恐怖
8 悪霊どもによる本物の拷問
9 死に物狂いの動き」をしていた人々
10 火の池の中の体験!



  各ページ下段の「次へ」をクリックすると、
1から10まで順に読み進めることができます。  


臨死体験と、悪霊の「芝居次へ1




地獄は本当にあります!1
私はそこに行ったのです!
…15歳のジェニファー・ペレツの体験
地獄は本当にあります!2
作り話ではありません!
…アンジェリカ・ザンブラーノ(エクアドル)の体験
自殺して地獄に行った15歳の少女
自殺者たちの証言・聖書の証言

天国地獄情報
天国地獄体験証言の本
新約聖書
エターナル・ライフ・ミニストリーズ





Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ  Counter